西広島の今を伝えます

地域ニュース

貴船神社を遷座 海老山から戻る

2016年01月08日

木舟交差点近くの五日市八幡神社境内に移った貴船神社
 【佐伯区】五日市八幡神社(広島市佐伯区五日市6丁目、河野巧宮司)の境内に昨年12月25日、海老山に鎮座していた貴船神社を遷座した。御神体だけではなく社ごとの移転で、傷んだ壁を補修し石垣もきれいにして「これで百年は大丈夫」(河野宮司)。海老山に参詣していた人に「ぜひこちらにお参りしてください」と知らせている。
 貴船神社に祭られているのは、高龗神(たかおかみ)。貴船は貴布禰または木船といい、雨水を守護する神だという。古くは佐伯郡五海市村字木舟の一角(現在の国道2号線木舟交差点の南東方面)に鎮座していたが、1935(昭和10)年に海老山に移転していた。52(同27)年に五日市八幡神社の摂社になった。
 海老山には貴船神社のほか、護国神社もあり、同時に移した。河野宮司は、「この辺りで出征する人の祈願をここ(五日市八幡神社)でした記録が残っている。八幡川近くにあった貴船神社ともども、戻ってきたと思えば落ち着く所に落ち着いた」としみじみ話す。
 貴船神社は五日市八幡神社本殿の右手に、護国神社は社務所の横に収まっている。「二礼二拍手一拝で大丈夫」と宮司。貴船神社は御神体の鏡をきれいに磨いた。正面の合わせ扉のすき間から、キラリと輝く様子を見ることができる。
 問合は、五日市八幡神社TEL(082)921・3238。

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー