地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (01.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

消毒液スタンドを寄贈 佐伯区役所に13台設置 広島西ロータリークラブ

2020年12月04日

浜田広会長(左)らが訪れ消毒液スタンドを寄贈し、建部賢次区長が感謝していた
 【佐伯区】広島西ロータリークラブ(浜田広会長)が11月26日、足踏み式消毒液スタンド13台を広島市佐伯区役所に贈った。浜田会長など同クラブ8人が訪れ、「新型コロナウイルス感染拡大防止対策の支援につながれば」と、建部賢次区長に目録を手渡した。
 消毒液スタンドは、高さ約95㎝。足元のペダルを踏めば消毒液が出る仕組み。ロビー、エレベーターホールなど本館に8台、別館には5台設置した。
 同クラブは、1970(昭和45年)に創立し、地域奉仕の精神のもと多彩な企業のメンバーで構成する。現在、89人が在籍している。同市西部こども療育センターに電動車いすや障害のある子どもの運動を支援する機器、西・佐伯区役所に見守り活動をする際に着用するジャンパーなど寄贈している。今年は同区役所に手押し式の消毒液しかなかったことから、スタンドを贈ることを決めた。
 建部区長は「市民が安心して区役所に訪れることができる。大切に使わせてもらい、感染防止対策に活用したい」と感謝していた。
 浜田会長は「少しでも感染防止につながればうれしい。訪れた人にはマスクと手洗い、消毒が重要という意識の向上につながれば」と収束を願っていた。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー