地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (01.15発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

はつかいちさくら賞受賞 木工で梶川さん 音楽で安塚さん

2020年11月27日

山田君(上)と南口さん(下)の力作が受賞し、全国コンクールへ
 【廿日市市】廿日市市立大野中学校の梶川詞音さん(1年)と広島なぎさ中学校の安塚かのんさん(2年)が同市の「令和2年度はつかいちさくら賞(前期)」を受賞し18日、同市役所で表彰された。梶川さんは全国木工工作コンクールで、安塚さんは国際音楽コンクールでの功績が評価され、松本太郎市長から盾が贈られた。
 梶川さんは昨年、県西部エリア対象の「児童・生徒木工工作コンクール」で歌舞伎を題材に制作した「かぶ木」が教育長賞を受賞。全国コンクールに進出し全国造形教育連盟委員長賞に輝いた。
 安塚さんは昨年の国際音楽コンクール「万里の長城杯」の弦楽器部門(ヴァイオリン)・中学校の部で、第1位を獲得。同市民で初の快挙を成し遂げた。
 当日、松本市長が2人の活動を称賛した。梶川さんは「将来の夢はまだないけど、受賞を機に目の前のことを一つ一つを頑張っていきたい」。安塚さんは「高校・大学と県外に出るつもりだが、将来は廿日市市に帰り、音楽で地域を元気づけたい」と話している。
はつかいちさくら賞
 廿日市市の生涯学習の普及や推進、教育・文化・スポーツなどの分野で優秀な成績を収めた人に廿日市市が授与する。年に前期・後期の2回選ぶ。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和3年01月15日 第1623号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー