西広島の今を伝えます

地元経済・ビジネス

地場経済活性へ 懇親会で親ぼく 大野町商工会

2015年01月16日
「情報発信していく」と抱負を
述べる滝口会長
 
 【廿日市市大野】廿日市市の大野町商工会(滝口義明会長)は8日、同市宮島口西1丁目の安芸グランドホテルで新春懇親会を開催した。商工会員をはじめ、眞野勝弘市長、有田一彦同市議会議長、平口洋衆議院議員代理、安井裕典・山下智之両県議ら180人が参列して、新しい年の地場活性化に向け、親交を深め合った。懇親会は、同商工会青年部が企画、運営した。
 開式のあいさつで滝口会長は、大手企業の景気回復の一方で地方の中小企業の経営環境が依然として厳しいことを強調。その上で「昨年、小規模企業振興基本法の制定でわれわれ が恩恵を受ける機会が増えた。会員企業にさまざまな補助金や仕組みを利用してもらうことのできるように商工会として情報発信していく」と役割を改めて参加者に伝えた。廿日市商工会議所、佐伯商工会、宮島町商工会と連携した廿日市市全体の景況活性化などにも触れた。
 会場では、旧知の間で酒を酌み交わし、初対面の人たちが名刺を交換しと、なごやかな雰囲気だった。

その他の記事

西広島タイムス電子版


平成31年1月18日 第1533号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー