行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.04発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

 特殊詐欺を看破し被害防止 お手柄水内郵便局に感謝状

2020年11月20日
吉見真也局長(中央)と畑山和子さんに感謝状を贈呈した
    【佐伯区】佐伯署が10日、特殊詐欺被害を未然に防いだ広島市佐伯区湯来町の水内郵便局・同局の吉見真也局長・局員の畑山和子さんにそれぞれ感謝状を贈呈した。新出能裕署長が2人に賞状を手渡し、「普段から意識しないと対応できない」と水際で防いだ功労をたたえた。
 同署によると、10月20日に70歳代男性のスマートフォンに、NTTファイナンスを名乗る会社から約29万円の料金が未払いになっているというショートメールが届いた。男性がメールに記載されていた番号に電話すると、「利用料を支払わないと裁判費用込みで約100万円が必要になる」と言われ、郵便局に誘導された。
 妻と一緒に訪れた男性が、ATM付近でハンズフリーで通話している様子に不審に思った畑山さんが声を掛けた。畑山さんが電話を代わり相手と話すと内容に不審な点が多かったことから詐欺と見抜き男性を説得。吉見局長が電話相手に「警察が連絡する」と言うと電話は切られたという。
 吉見局長は「高齢者が大半を占める地区で一人暮らしの人もいるので普段からコミュニケーションを取り地域に寄り添っていきたい。今後はATMで電話している人がいたら、積極的に声掛けしたい」と気を引き締めていた。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年12月4日 第1618号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー