募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.04発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

相続のイロハをセミナーで トラブル対策に遺言も 12月から無料で

2020年10月30日
 【廿日市市】専門家による「相続対策セミナー」が12月12日(土)、廿日市市総合健康福祉センター山崎本社みんなのあいプラザ(同市新宮1丁目)で開講する。広島五日市相続サポートセンター島根不動産(広島市佐伯区楽々園4丁目)が、来年10月まで全6回にわたり、基礎知識から相続後にもできる対策など紹介する。参加費無料。
 セミナーは、原則土曜日、午後2時~4時半。講師は、上級相続支援コンサルタントで同センターを運営する島根不動産㈱の髙山伸介社長と同コンサルタントの同社髙山裕子専務。
 初回の「相続と遺言の基礎知識」は、民法上の基礎知識を説明し全体像を把握する。2回目の来年2月20日は、民法・税法の基礎を踏まえ相続対策の基礎となる「財産把握とその評価の仕方」を紹介する。来年4月の3回目は、相続発生後に想定されるトラブル対策など「賢い生前贈与のススメ」。6月は、「法定相続人の数×500万円」の非課税の枠など「生命保険を活用する方法」を紹介。8月の「公正証書遺言の作り方と家族信託の活用」は、遺言書の中で最も安全・安心という公正証書遺言の作り方、認知症リスクの備えとして注目されている「家族信託」の活用法を教える。最終回の10月には、「相続発生後にできる対策」として、相続発生後でも可能な対策の中から重要な点をピックアップして紹介する。
 相続について、髙山社長は、分割対策、納税資金対策、節税対策をバランスよく知ることが必要という。セミナーは、3つを学ぶためにも全講座の受講を勧める。髙山社長は「残された家族がもめることなく幸せに暮らすためにも早めの対策が重要。セミナーを通してトラブルも学び、家族で相続について話すきっかけにしてほしい」と受講を呼び掛けている。
 新型コロナウイルス対策のため、会場は通常60人ほど入るが、人数を絞り込む。16人の定員になり次第、締め切る。
 申込・問合は、同センター(島根不動産内)☎(082)921・1177。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年12月4日 第1618号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー