地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.30発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市市出身の吉本芸人 「けん玉ボーイズ」が漫才 10月3日に宮島口旅客ターミナルで

2020年09月25日

藩比礼の松本さん(右)とクレメンスのりょーまさん
 【廿日市市】吉本興業ホールディングス㈱所属の廿日市市出身芸人で結成したコンビ「けん玉ボーイズ」が10月3日(土)、同市の宮島口旅客ターミナルでけん玉を交えた漫才を初めて披露する。はつかいち観光協会主催の「よしもとお笑いけん玉教室」で、㈱砂原夢企画の砂原宏幸代表も登場する。観覧無料。
 けん玉ボーイズは、お笑いコンビ・藩飛礼の松本貴明さん(36)と、クレメンスのりょーまさん(29)が二年前に結成した。どちらも芸歴十年以上だが、けん玉は素人だった。当初は、けん玉を使わず漫才をしていたが、今年から砂原代表のもとで腕を磨き、松本さんがけん玉検定一級、りょーまさんは準初段を取得するほどに上達。ネタに取り入れるほど、自信を付けた。
 初披露に向け松本さんは「真似したくなるような動きや技などを組み込んでいきたい。特にりょーまの動きに注目してほしい」と話す。りょーまさんは「裏話なども取り入れて、老若男女幅広く笑ってしまうものにしたい」と、意気込みを見せる。
 当日は、午前11時〜・午後2時〜・3時〜の3回。砂原代表によるけん玉教室もある。
 問合は、同観光協会宮島口本部☎(0829)30・8021。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年10月30日 第1614号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー