地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.30発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

ノルディック・ウォーク普及へ 快足屋が体験会を初めて開催 全身運動でダイエットにも

2020年09月25日
体験会ではポールの使い方などレクチャー
 【佐伯区】靴と中敷きの専門店「快足屋」が、ノルディック・ウォークの普及に力を入れている。2本のポールを持って歩くことで歩行をサポートし、さらに全身運動にもつながるエクササイズとして注目を浴びている。13日には、快足屋ウォーキング楽々園店(広島市佐伯区楽々園)がある広電ファミリータウンで体験会を初開催した。
 ノルディック・ウォークは、両手に持ったポールを突きながら歩く運動。フィンランドでスキーのクロスカントリー選手の夏場のトレーニングが始まりといわれている。
 ㈱住吉屋の​住田悦範代表取締役(71)は、十三年前に快足屋を立ち上げた後、本格的にウオーキングを始め、日本ウォーキング協会公認指導員にもなった。ウオーキングを生活習慣にしてもらおうと、毎月1回「楽ちんウォーク」を開催。9月27日(日)には158回目を迎える。ウオーキング活動で出合ったのが、ノルディック・ウォークだった。「ウオーキングとはまた違い奥が深い」と魅力に取りつかれ、昨年12月には全日本ノルディック・ウォーク連盟の公認指導員にもなった。
 ノルディック・ウォークは、ポールを前後に振るため全身運動につながる。ダイエットにも効果があるといわれ、「正しい使い方を覚えれば、自然と姿勢が良くなる」とメリットを話す。
 体験会は、ノルディック・ウォークが気軽に体験でき、正しい知識を広めようと企画した。参加者17人は、ほとんどが初体験。身長に合わせたポールの長さの調整に始まりウオーミングアップ、実践指導へ。最後は周囲を実際に歩いてみた。参加者の1人は、「姿勢が良くなった気がする。坂道でも楽に登ることができる」と効果を実感していた。
 今後、体験会は月1回、定期的に開催したいという。次回は、10月18日(日)午前10時~正午に楽々園で催す。参加費は無料で、先着20人。ポールは無料で貸し出す
 ウオーキング=人生とも語る住田代表取締役は「外で大自然を快適に楽しく歩くことは気持ち良い。正しい知識を身に付け、生活習慣にしてほしい。(楽々園を)いろんな知識・情報が入り、仲間ができるノルディック・ウォークの拠点にしたい」と思いを話す。
 問合は、同店☎(082)943・4960。

地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年10月30日 第1614号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー