行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.30発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

災害を伝承し防災に生かす 10月3日に広島市などがオンラインセミナー

2020年09月25日
 広島市などがオンラインで「防災セミナー 語り継ぐ防災~教訓を活かす」を10月3日(土)、開催する。過去に起きた災害の伝承と防災教育をテーマに、トークセッションと講演をインターネットとラジオで配信。過去に起きた災害の教訓を次世代に継承するとともに、防災について何ができるか考えていく。午後1時~3時半。
 セミナーは、今年で5回目の国内最大級の防災イベント「防災推進国民大会(ぼうさいこくたい)」のプログラムの一環。当初、同市で10月3日・4日に開催する予定だった。新型コロナウイルス感染拡大防止の観点から、オンラインで開く。
 一部は、「災害伝承と防災教育~大切な命を守るために」と題したトークセッション。東京大学大学院情報学環特任教授で日本災害情報学会の片田敏孝会長をはじめ1999年に起きた「6・29災害」で犠牲者が出た河内地区から自主防災会連合会の杉田精司会長、復興交流館モンドラゴン事務局長で同市地域防災リーダーの松井憲さんらが語り合う。
 続く二部は、片田会長の基調講演。「災害の教訓を伝えるということ~災害伝承と防災教育の視点から」を話す。ほかにも午前10時~午後6時、防災教育交流会や災害時における乳幼児の栄養支援などもある。
 視聴は無料で、申し込みは不要。オンラインぼうさいこくたい開催用特設サイト(http://bosai-kokutai.com/)で見ることできる。RCCラジオで午後1時~2時、放送する。
 問合は、同市危機管理室災害予防課☎(082)504・2664。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年10月30日 第1614号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー