行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.25発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

西署と6団体「かもめ~る」使い注意喚起

2020年08月07日
あいうえお作文で特殊詐欺の手口を記載。高齢者宅へ配り注意喚起
   【西区】暑中・残暑見舞いで特殊詐欺被害防止へ―。広島市西区の広島西署と防犯関係6団体が、依然として後を絶たない特殊詐欺被害を防止しようと手口など紹介した「かもめ~る」を作成した。広島西郵便局と協力し、高須地区に配達。チラシとポスターも作成し、区内の郵便局などに張り広く注意を促している。
 デザインは、同署生活安全課の女性署員が考案した。「にしく」であいうえお作文を作成。「ニセ情報だまされないで まず相談!」、「信じるなキャッシュカードは渡さない!」、「区役所や警察かたるサギ注意!!」と手口を伝えている。大きく赤字で「それは詐欺!!」と注意を喚起し、不審な電話は110番するよう促している。
 高須地区は、昨年度から高齢者防犯モデル地区に選定していることから約2350部を配布する。区内の24郵便局とゆうちょ銀行広島西店などにA4サイズのポスターやチラシを掲示している。
 同署管内の今年の特殊詐欺認知件数(6月末時点)は7件で、昨年同時期に比べ7件減少した。被害額は約1700万円で同様に2500万円減ったが、県内の署では最多という。同署生活安全課の岡村正孝課長は「少しでも特殊詐欺の手口を知ってもらい広めてほしい」と話してる。

くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年09月25日 第1610号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー