イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

立体切り絵展示 造形美堪能して ウッドワン美術館

2020年07月03日
 【廿日市市吉和】廿日市市吉和のウッドワン美術館で10日(金)から、「〜カミワザ立体切り絵〜SouMaの美しき世界展」が始まる。切り絵作家SouMaが1枚の紙から切り出した花や風景、人物など約40点が並ぶ。8月30日(日)まで。同美術館などの主催。
 SouMaは、島根県松江市出身。作品展のほか、パフォーマンスや大型切り絵作品による空間プロデュース、アートディレクション活動など手掛けている。現在、松江観光大使も務めている。
 同展では「ティアラ「風」」や「エッフェル塔と薔薇」、「想造の火」、「王冠」など2次元、3次元の造形作品を展覧する。第一回全日本芸術公募展大賞を受賞した縦125㎝横105㎝の大作も。
 開館は午前10時〜午後5時。入館は4時半まで。月曜日は休館だが、8月10日は開く。
 観覧料は、一般1400円、高校生・大学生は700円。中学生以下は無料。
 同美術館は「白い紙が織りなす繊細で美しく神秘的な造形を堪能して」と来場を呼び掛けている。
 問合は、同美術館☎(0829)40・3001。 
イベントニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月24日 第1603号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー