地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

声掛けで特殊詐欺被害防ぐ 看破したコンビニ店に感謝状 広島西署が贈呈

2020年07月03日
濵田紀之署長(左)から感謝状を受け取る竹田晋司店長
   【西区】広島市西区のファミリーマート広島井口台店が6月24日、特殊詐欺被害を未然防止し広島西署から表彰された。竹田晋司店長が、同署を訪れ濵田紀之署長から感謝状を受け取った。
 同署によると、5月25日午後に80歳代男性が来店。男性は、5万円相当の電子マネーを購入しようとした。竹田店長は、メモを見ながらウイルスに感染しパソコンが固まったため電子マネーが必要と話す男性の様子に「違和感を感じた」。話を聞くと不審な点が多く詐欺と見抜き、同署に連絡し警察官が駆け付け、被害を防いだ。
 男性が地図検索していると、警告表示と電話番号が出たという。男性が連絡すると、片言の日本語でウイルスに感染し調査・除去するため電子マネーで支払うよう言ってきたそうだ。同署によると、同様のケースは三年以上前からある手口という。
 濵田署長は「よく見破っていただいた。(男性は)被害に遭ったか分からないので声を掛けてもらったのが大きかった」と改めて感謝していた。竹田店長は「今後もできる限りしっかりと声掛けをしていきたい」と水際防止への協力態勢を示していた。
 同暑によると、今年に入り、5月末現在、同区で起きた特殊詐欺の認知件数は6件で、昨年同時期の12件から半減した。被害額も同じく約1000万円少なくなり約1500万円だった。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月24日 第1603号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー