地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.04発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

よもやま

2020年04月10日
 頭上にサクラが満開となった廿日市市宮島町で、目線を下ろすと小さく可憐な花が最盛期を迎えている。宮島を代表する花の一つ「アセビ」。白やピンク色の鈴蘭のような花が鈴なりに咲き誇っている。
 アセビは、ツツジ科アセビ属。約1㎝の釣鐘の形をした花が群がって咲いている。
 サクラより早く開花し、宮島に春の訪れを告げる花として親しまれている。同市と合併前の旧佐伯郡宮島町時代には、「町の花」になっていたほど。宮島水族館の山側には、「あせび歩道」と名の付く自然散策道がある。
 アセビは、漢字で書くと「馬酔木」。読んで時の如く、馬が食べると酔ったように足がふらつくことから名付けられたといわれている。シカにとっては有毒なため、食欲旺盛でも食べないといわれている。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年12月4日 第1618号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー