地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

アジアの鉄人を旗で応援 児童らが手作りでエール 廿日市市のゆめタウン廿日市で

2020年03月20日

大会に向け児童・生徒が手作りした応援旗を掲示している
 【廿日市市】廿日市市市立全17小学校の児童と山陽女学園高等部の生徒が手掛けた「ASTCアジアトライアスロン選手権2020廿日市」の応援旗が、ゆめタウン廿日市で掲示されている。児童が描いたASTCに加盟している35の地域・国の選手に向けたエールや国旗などを、4月12日(日)まで同店2階吹き抜けに掲げ、市民の機運を高めている。
 旗は、横約2m・縦約1m。地元企業が無償提供した生地を、同高等部の生徒が旗に成形した。各小学校が2つの国・地域を担当。各国・地域の母国語で「今までの努力を無駄にせず最後まであきらめないで」「応援してます」「全力で走って」などのエールをつづっている。国旗や走る姿なども描いた。
 同取り組みは、子どもたちが外国の言葉に触れ、同選手権に興味を抱いてもらうことが目的。企画した廿日市市のアジアトライアスロン推進室は「何を書き描くかは、全て子どもたちが考えた。国旗の色を使うなど工夫が見て取れる。地域の盛り上げにもつながれば」と期待する。大会当日は、フィニッシュ会場に掲げる予定。
 16日現在、同選手権の4月開催は取り止めが決まっている。同推進室は、同競技会の開催について、新型コロナウイルスの感染状況などを踏まえ、「延期」するか「中止」するか関係団体と協議を重ねている。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年04月03日 第1593号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー