地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

澤和樹氏が指導 児童ら世界体感 廿日市市の弦楽合奏団

2020年03月06日

澤氏(左)が子どもに指導
 【廿日市市】廿日市市で4月に発足予定のはつかいちジュニア弦楽合奏団「NO・ZO・MI」が2月22日、国内外で活動するヴァイオリニスト・澤和樹氏の指導を受けた。はつかいち文化ホールウッドワンさくらぴあで、小・中学生11人が世界のレベルを体感し、合奏のノウハウを学んだ。
 同団は現在、小学2年生〜中学2年生のヴァイオリン奏者で構成する。昨年6月から練習を開始した。
 澤氏は、日本とイギリスを中心に活動しており、東京藝術大学長、英国王立音楽名誉教授などの肩書を持つ。4月から同団のミュージック・アドバイザー就任が決まっている。
 練習では、子どもたちの合奏に澤氏が指揮を取った。弓で弦を押す力具合による音色の違いや弾き終わりを意識した弾き方の手本を見せながら教えた。
 澤氏は「子どもたちの真摯(しんし)に音楽に向き合う姿勢とキラキラした目に感動した。アドバイザーとして関わることが楽しみ」と話している。
 3月7日(土)に予定していたプレデビューコンサートは、新型コロナウイルスの影響で中止になった。今後は10月に「はつかいち平和コンサート2020」に出演する。
 同団は、団員を募集している。3月末まで。問い合わせて確認を。
 問合は、さくらぴあ事務室☎(0829)20・0111。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年04月03日 第1593号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー