一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

あかりをつけましょ ぼんぼりに 桃の節句前に雛人形

2020年02月21日
 桃の節句(3月3日)を前に、広島市佐伯区利松2丁目の「五日市天然温泉ゆらゆら」に七段飾りの雛人形がお目見えした。最近では見掛けることが少なったこともあり、「あっ、お雛様」と訪れた人の目を引いている。
 高さ約1・7mあるひな壇飾り。1段目に男雛・女雛。2段目には三人官女、3段目には五人囃子、さらに下には仕丁(しちょう・じちょう)の三人随身(ずいしん)。人形ともども嫁入り道具が欠けることなく並ぶ。ぼんぼりが灯ると艶やかな雰囲気に包まれる。
 知人から譲り受け、今年初めて展示したという。「二十年、三十年ぐらいの経つのでは」と年季は入っているが、色褪せることなく絢爛豪華。組み立てる際には、大人2人がかりで約四時間かかったそうだ。「最近は見掛けないので、年配の人も懐かしいねと言ってくれます」と同店。
 3月3日まで子どもたちの成長を見守るとともに、訪れた人の心も温めている。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年04月03日 第1593号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー