地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

川柳と標語64点表彰 安全安心まちづくりへ 五日市中央学区

2020年01月31日
一人ひとり名前を呼ばれ、賞状とトロフィーを受け取った
 【佐伯区】広島市佐伯区五日市中央学区で毎年開催し今年で20回目を迎える「安全安心なまちづくり川柳・標語コンクール」の入選作表彰式が26日、五日市商工会館であった。今年は金・銀・銅賞に加え、節目を記念し特別賞4点の合わせて64点の心温まる作品を表彰した。
 コンクールは「あいさつ」「声かけ」「安全・安心・防犯・防災」をテーマに、地元保育園、小学校、中学校、一般から募った。1460人から1467点の応募があった。
 式では、名前が読み上げられると子どもたちは「はい」と元気良く返事。作品が読み上げられ、同学区町内会連合会の鉄村忠基会長らから賞状とトロフィーを笑顔で受け取った。特別賞の区長賞・佐伯署長賞・佐伯消防署長賞・同区防犯連合会会長賞には、一回り大きいトロフィーを贈呈。みな席に戻ると嬉しさを噛みしめるようにトロフィーを見つめていた。
 同学区では、「あいさつ・声かけ運動」を展開している。コンクールは運動の一環で、2000(平成12)年度から始まった。同学区あいさつ・声かけ運動推進委員会の石田邦夫委員長は「最低でも十年続けないといけないと思っていた。二十年も続き本当にすごいと思う。30回、40回と目指し、今後もあいさつの大切さを伝え、安全安心のまちにつなげたい」と意欲を見せていた。
 入選作品は、2月1日(土)~15日(土)、五日市中央公民館に展示する。
 表彰者は、次の通り(作品紹介は特別賞と金賞のみ。敬称略。()内は保育園・学校名、数字は学年)。
 【特別賞】佐伯区長賞=宮原叶美(五日市中3)「あいさつで 防ぐ犯罪 つながる絆」▽佐伯警察署長賞=甲斐玄悟(五日市中央小1)「とおくても ちゃんとわたろう おうだんほどう」▽佐伯消防署長賞=東愛海(五日市中1)「あいさつは 防災減らす 合言葉」▽佐伯区防犯連合会会長賞=白澤航(五日市中央小4)「自転車 はなれるときは かぎかけて」
 【幼児の部】金賞=おばた ゆうと(鈴峰園保育園)「おてつだい いわれてうれしい ありがとう」▽銀賞=すなみ はると(同)、ふじお はやと(五日市乳児保育園)▽銅賞=かさい ゆうせい(鈴峰園保育園)、きくら けい(同)、たむら みずき(五日市乳児保育園)、なかね いつき(同)、まつはま りんと(同)、みかみ ひなた(鈴峰園保育園) 
 【小学生低学年の部】金賞=中西紗彩(五日市中央小3)「守ろうね 命にかかわる 交通ルール」▽銀賞=髙橋英里(同1)、松本航(同)▽銅賞=長谷川愛奈(同3)、山田加菜(同)、河野瑛祐(同2)、槌谷寿音(同)、三上明紗(同2)、生田ともみ(同1)、渡邊真優(同)
 【小学生高学年の部】金賞=田中康晴(五日市中央小6)「安全の 最初の一歩は 思いやり」▽銀賞=小松大志郎(同6)、久保本紗矢(同5)▽銅賞=塩屋爽(同6)、日名朔(同)、橘髙りお(同5)、厚井涼良(同)、末武里彩(同)、太田優乃明(同4)、鉄村瑠菜(同)
 【中学生の部】金賞=木村美晴(五日市中3)「安全な まちはみんなで つくるもの」▽銀賞=橋本菜緒(同2)、武田篤史(同1)▽銅賞=池上もえ(同3)、原田悠乃(同)、宮原直美(同)、菅原ひなの(同2)、高松詩空(同1)、杤木夕楼(同)、原田瑛至(同)
 【一般の部】金賞=森下友紀「安心を 願い地域も ワンチーム」▽銀賞=鎌田聡子▽銅賞=小笠原宏子
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年02月21日 第1587号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー