行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

 みんなで守ろう 1・26文化財防火デー

2020年01月31日





文化財を守るため、迅速な初期消火ができるよう訓練した


放水銃の使い方を学び、訓練で実践。万が一の事態に備えた
 文化庁の定める文化財防火デーは、1949(昭和24)年1月26日に奈良県の法隆寺金堂が炎上したことがきっかけとなり、55(同30)年、同寺の火災と同じ日が設定された。同日は、全国各地の文化財所在地で防火訓練などして、火災や災害から保護する技術の向上を図るとともに、市民の文化財を大切にする気持ちを高めている。

〈県重要文化財を保管する立善寺〉
 四百年以上の歴史を持つ廿日市市原の立善寺(りゅうぜんじ)では24日、文化財防火訓練があった。廿日市消防署の隊員や同寺の総代など約20人が参加。同寺が保管している県重要文化財を後世に残そうと、初期消化や文化財の持ち出しなどの訓練に励んだ。
 同寺にある県重要文化財は、木造不動明王立像と木造天部立像の2躯。どちらも高さ70㎝前後で、鎌倉時代に彫られたという。
 訓練は、庫裏からの出火を想定。火災を発見した鳥鼠恵華(とねさとか)住職が「火事だ」と知らせるとともに119番通報。消火器での初期消火を試みた。駆け付けた消防隊が放水し、総代が文化財を持ち出した。訓練後には、見学していた門徒が消火器の使い方を教わり、実践した。
 同消防署の田中浩二署長は「文化財には昔の知恵や工夫が詰まり、現代の建築物に生かされている技術もある。文化財を守ることの意味を隊員を始め住民にも理解してもらいたい」と呼び掛けている。
 16代目住職の鳥鼠さんは、昨年、沖縄の首里城で起きた火災を引き合いに「人ごとではない。今まで伝えられてきた財産を守っていかなければならないと改めて感じた。本堂では火を使う。コンセントもある。これからも十分に注意したい」と話している。

〈宮島の嚴島神社 放水銃使い訓練〉
 世界文化遺産の嚴島神社(廿日市市宮島町)でも26日、「令和元年度宮島地域文化財防火訓練」があった。同市宮島消防署、宮島分団、同神社の宮司や職員らが参加。同神社周辺の放水銃で延焼拡大阻止の訓練などに取り組み、万が一の事態に備えて流れを確認した。
 訓練は、同神社能舞台で不審火による火災発生後、橋掛かりへ延焼拡大したと想定し、2部構成で実施した。1部では、同神社職員が通報、観光客の避難誘導、初期消火を訓練した。同時に、署員が同神社西側の西松原から、海へ向かってホースで放水した。
 2部は、同神社周辺に設置されている放水銃11基中7基を使った。各基にそれぞれ署員、分団員を2丨4人配置し、無線で号令後一斉放水した。観光客らも、社殿や参道から静かに訓練の様子を見守った。
 昨年は、ノートルダム大聖堂(フランス)と首里城(沖縄県)で火災が起きた。西本健二署長は「まずは未然に防ぐことが大切。神社、署、分団が連携し、宮島の大切な文化財を守ていきたい」と気を引き締めていた。
 
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年02月21日 第1587号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー