行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.03発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

コンビニオーナー被害防止 特殊詐欺を見抜き感謝状 佐伯署が贈呈

2019年12月20日
特殊詐欺の被害を防いだ藤本あ(左)に感謝状を贈った
 【佐伯区】広島市佐伯区の佐伯署は10日、特殊詐欺被害を未然に防いだファミリーマート八幡東2丁目店のオーナー藤本孝一さんに感謝状を贈呈した。約30万円の架空請求を見抜いた藤本さんに、同署で瀨良芳紀署長が賞状を手渡した。
 同署によると、事案は11月15日に起きた。60歳代男性のスマートフォンにインターネットサイトの利用料金についてのメッセージが届いた。男性がメッセージに記してあった番号に電話すると、登録しているサイトの料金の支払いが滞っているため裁判の準備を進めていると言われたという。コンビニで30万円を払えば裁判を止めることができると聞いた男性は同店を訪問。別の店員が対応後、店舗に戻ってきた藤本さんが事情を聞いた。男性のスマホの着信音が鳴り止まず、金額も高額なことから不審に思った藤本さんが110番通報。警察官が店舗に駆け付け、被害を防いだ。
 後日、男性はお礼を言いに同店を訪れたそうだ。藤本さんは「被害が無くて良かった。当たり前のことをしただけ。後は警察がしっかりとサポートしてくれた」と話している。

くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和2年07月03日 第1600号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー