行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.06発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

 松本太郎市長初の議会 12月定例会が3日開会 廿日市市議会

2019年11月29日
【廿日市市】廿日市市議会の令和元年第4回定例会が12月3日(火)、開会する。松本太郎市長にとって10月の市長選挙で初当選後、初めての議会となる。初日に5億4241万6千円を追加する今年度一般会計補正予算案など19議案を上程。3件の専決処分を報告する予定。一般質問は、4日(水)~6日(金)の三日間。
 議案では、JA広島総合病院一帯で進めている地域医療拠点整備に関して、同病院に隣接する建物を県厚生農業協同組合連合会に売り払う案件がある。同市宮浜温泉の同市健康増進施設(宮浜べにまんさくの湯)に関する条例廃止案もある。公共施設としての設置・管理を廃止するとともに、指定管理者の㈱A&Cへ売却する案も合わせて上げている。
 一般質問は、14人が登壇する。「入島税」の導入や新市長の今後の姿勢、高齢社会への対応など問う。
 一般質問は次の通り(登壇順)。
 山田武豊氏(クラブ進風)
 ①入島税導入の可能性②人口減少社会への対応③財政の健全化④高齢社会への対応
 中島康二氏(クラブみらい)
 ①本市の道路整備計画等②大野福祉保健センターの今後
 井上佐智子氏(新政クラブ)
 ①超高齢社会の在宅高齢者を支える施策のうち交通施策と介護保険制度②「はつかいちまるごとおもてなしトイレのまちづくり」とするために、民活の積極的導入を③入島税一本ではなく、多様な収益確保に向けて④本県の高校入学願書の性別欄廃止を受けて、本市も住民票等の申請書等への性別欄廃止
 林忠正氏(成蹊21)
 ①フレックスタイム制の導入②任期付職員等の正規職員への登用③再犯防止推進計画等への対応
 岡本敏博氏(新政クラブ)
 ①新時代の新市長によるまちづくり②耕作放棄地対策
 大﨑勇一氏(公明)
 ①家庭系ごみ処理有料化に伴う市民サービス
 高橋みさ子氏(成蹊21)
 ①市長の政治姿勢②選挙公約③入島税の導入
 大畑美紀氏(共産)
 ①新市長の基本姿勢②佐伯総合スポーツ公園の再整備③教育
 山口三成氏(クラブみらい)
 ①災害時の情報伝達・要支援者の避難方法・避難所開設の取り組み
 隅田仁美氏(公明)
 ①死亡手続きの負担軽減(ワンストップ化)②AIを活用した市役所の業務効率化(RPA)
 有田一彦氏(新政クラブ)
 ①安心安全のまちづくりを進める上で、懸案となっている事業への取り組み②市道堂垣内広池山線の都市計画の考え
 新田茂美氏(同)
 ①本市の保育園待機児童の対策②今後の佐伯総合スポーツ公園
 広畑裕一郎氏(成蹊21)
 ①行政経営②大野地域の渋滞緩和対策
 堀田憲幸氏(クラブみらい)
 ①佐伯地域の活力の源である佐伯高校の存続
くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年12月06日 第1577号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー