イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.08発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

伊勢正三さんがライブ 新アルバムに名曲披露 来年2月24日さくらぴあで

2019年11月08日
 【廿日市市】「なごり雪」や「22才の別れ」などヒット曲を輩出してきたシンガーソングライター・伊勢正三さん(67)が来年2月24日(月)、地元はつかいち文化ホールウッドワンさくらぴあ大ホール(同市下平良1丁目)でライブを開く。今年10月28日には地元廿日市市でのPRを目的に来廿。ラジオ局・FMはつかいちに生出演するなど、十六年ぶりにリリースしたオリジナルアルバムや往年の名曲を提げ壇上するライブを告知した。
 伊勢さんは1970年代に音楽グループ「かぐや姫」や「風」として活動。80年代にはソロで武道館コンサートなども開いている。現在はアーティストとのコラボレーションやコンサートのプロデュースなども手掛けている。
 今年2月に出したアルバムのタイトルは挑戦の意味を込めた「Re-born」。フォークソングやポップのほか新たにラップなども取り入れるなど、全12曲を書き下ろした。メロディーの細部までこだわるがゆえ、音源の全てを自身が務めた曲もあるそうだ。
 さくらぴあでのライブは3回目。2011年にソロライブ、15年には歌手・イルカさんと共演している。さくらぴあへの思い入れが強く、再演を望んでいたそうだ。
 ライブは午後4時半開場で5時開演。アルバム発売後の反響を考慮して内容を決める予定。「海に面する廿日市市に適した曲を選ぼうと思っている。昔の歌手と言われるが、この年齢でも新譜を書き、新たなジャンルに挑んでいる。同じ世代だけでなく、何かに挑戦しようとしている若い世代にも聴いてもらいたい」と話している。
 チケットは全席指定で6800円(税込)。さくらぴあ事務室などで取り扱っている。
 問合は、同事務室☎(0829)20・0111。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月08日 第1573号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー