地域ニュース

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (01.24発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

カキ打ちを体験 身に笑顔弾ける 地御前小学校5年生

2019年11月08日

専用の器具を使い地元の特産品でもあるカキのむきに挑戦した
 【廿日市市】廿日市市立地御前小学校5年生のカキ打ち体験が10月23日、地元地御前漁港であった。地御前郷土文化保存会と地御前漁業協同組合、同小学校による郷土愛を育む学習の一環。児童67人が前日に水揚げされた「地御前かき」のむき身作業を通して、地場特産品の魅力に触れた。
 同学習は昨年から5年生を対象に実施。今年は5月にカキ養殖についての座学、7月には採苗に使う仕掛け作りを体験した。
 カキ打ち体験では、児童らは専用の器具を使い貝を開ける作業に挑戦した。貝殻に開けた穴から、器具の先端をねじ込み貝柱を切断。殻を開けようとするが「貝柱がどこにあるか分からない」「難しい」と苦戦していた。身が崩れたり、殻に残ったりしたが、苦労して出した身に笑顔が弾けていた。
 同漁協組合の吉岡晃代表理事組合長は「地元のカキを残すために、海や川にゴミを捨てないよう自然を大切にしてもらいたい。合わせて、地御前かきの魅力を改めて知ってもらえればうれしい」と、手取り足取りカキ打ちを教えていた。
地域ニュース

西広島タイムス電子版


令和2年1月24日 第1583号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー