イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 地域
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

カフェに野菜、実験も 地域と広工大がコラボ 廿日市市玖島で20日

2019年10月18日
 【廿日市市佐伯】廿日市市玖島の市立玖島小学校跡地で20日(日)、地域住民と学校法人鶴学園広島工業大学(広島市佐伯区三宅2丁目)の女子学生が初めて一緒にイベントを開く。時間は午前10時~午後2時で、カフェ、野菜市、実験やプログラミング教室など多彩に催す。地域内外問わず、幅広く来場を呼び掛けている。玖島地区コミュニティ推進協議会まちづくり委員会主催。
 同委員会は同跡地で毎月1回、地域の女性たちが中心となり、うどんや定食、カレーなど振る舞う「カフェ玖島学園」と、地元で取れた米、旬の野菜が並ぶ「くじまルシェ(野菜市)」を開催している。
 今回、同大学の女子学生キャリアデザインセンターに所属する学生約30人が参加。同センターの「ハニープロジェクト」メンバーが作ったハチミツを1g5円で量り売りする。パンケーキ200円、タピオカドリンク300円など販売するという。マスコットキャラクターのキャロミちゃんも来て、イベントを盛り上げる。
 子どもが楽しむことのできるペットボトルロケット、ぷよぷよスライム、ロボプログラミング体験もある。参加者は当日会場で、1回100円のチケットを購入する。
 同センターの村田栞代表(3年)は「自分たちメンバーがたくさん集まり、地域の人たちと交流して盛り上げてたい」と、イベントを心待ちにしている。
 校舎内や体育館内に入るため上履きを持参する。駐車場はある。
 問合は、同委員会☎090・4892・6585(森藤さん)、同センター☎(082)921・7436。 
イベントニュース

西広島タイムス電子版


令和元年11月22日 第1575号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー