イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.18発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

風間杜夫ひとり芝居が10月 平和がテーマの3部作上演 ウッドワンさくらぴあで

2019年09月27日
 【廿日市市】俳優・風間杜夫さんの独演「風間杜夫ひとり芝居平和三部作」が10月10日(木)午後2時〜、はつかいち文化ホールウッドワンさくらぴあ大ホール(廿日市市下平良1丁目)で公演される。「正義の味方」、「ピース」に新作「あの時代」を含む3部作を上演。主催のトム・プロジェクトと公益財団法人廿日市市芸術文化振興事業団は多くの来場を待っている。午後1時半開場。
 ひとり芝居は、毎年、日本全国、世界各地で巡演している。今年は風間さんの古希を記念し、3作品を一挙に上演する。
 公演作は、下町の銭湯で働く95歳の老人が生きてきた時代を笑いと涙と正義をテーマに描く「正義の味方」。芸人を目指すも芽が出ず、結婚して葬儀社を営む男性が家族を失い悲しみに明け暮れる中、周囲の力を借りて生きる力を取り戻す物語「ピース」。昭和12年の戦時中に、落ちぶれた落語家のストーリー「あの時代」で、風間さんが舞台を縦横無尽に駆け回り演じる。
 入場料は全席指定で4500円。当日は5000円。ウッドワンさくらぴあ事務室やフジグランタリー、ローソンチケットなどで取り扱っている。未就学児は入場できない。
 問合は、同事務室☎(0829)20・0111。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


令和元年10月18日 第1570号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー