募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.23発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

やすらぎ支援員養成研修6月開講 認知症宅訪問し見守りや話し相手 廿日市市で

2019年05月31日
 【廿日市市】認知症の人の自宅を訪問し話し相手になったり見守りなどするボランティア「やすらぎ支援員」の養成基礎研修が6月、廿日市市総合健康福祉センター(同市新宮1丁目)で開講する。同市から受託した「認知症になっても安らぎのある廿日市市をつくる市民の会」が受講者を募っている。受講無料。
 活動は家族と同居している認知症高齢者の居宅を2人1組で訪問し、会話や見守り、趣味活動、散歩など介護保険対象外のサービスを提供する。おむつ交換や食事介助などは含まない。交通費と訪問一時間当たり活動費500円を支給する。
 研修は、講義が6月5日(水)~7月24日(水)のうち六日間。同センターで、認知症の基本的な知識や対応、訪問の心得などを学ぶ。実習については、デイサービスセンター第2清鈴園などで基礎実習、利用者自宅で訪問実習などする。8月7日(水)に修了式を予定している。
 募集対象者は原則全カリキュラムを受講できる人。
 希望者は、6月3日(月)までに同会に電話で申し込む。定員10人を超えた場合は抽選する。
 詳細については、問い合わせて確認を。
 申込・問合は、同会(廿日市高齢者ケアセンター内)☎(0829)36・2552。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年08月23日 第1562号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー