行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.19発行)
  • 一面
  • くらし
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

阿品店被害防ぐ 架空請求見抜く 廿日市署が感謝状

2019年04月19日
特殊詐欺を見抜いた川尻さん(右)に感謝状を手渡した
 【廿日市市】廿日市市の廿日市署は10日、特殊詐欺被害を未然防止したセブンイレブン廿日市阿品店に感謝状を贈った。声掛けし被害を食い止めた社員の川尻幸輝さんに圓石貞祐署長が感謝状を手渡した。
 同署によると、2月19日夕方、70歳代男性が来店。「悩んだ様子だった」(川尻さん)と言う男性は約30万円分の電子マネーギフトカードを購入した。男性が外に出て車内で十分ほど電話している様子や購入金額が高額だったことから不審に感じた川尻さんはオーナーの藤井陽一さんに相談。藤井オーナーが110番通報する一方、川尻さんは男性に「詐欺ではないですか」と声を掛けた。事情を聞くと携帯電話料金の滞納を知らせるメールが届いていたという。警察官が駆け付け、被害を防いだ。
 同店は一昨年も特殊詐欺を防ぎ同署から感謝状を受け取っている。同席した藤井オーナーは「被害を防ぐことができ少しでも役に立てて良かった。今後も連携を図り協力し、被害を食い止めたい」と話している。

くらしニュース

西広島タイムス電子版


令和元年07月19日 第1558号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー