宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (05.17発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

希望抱き地元で入学式 ひろしま協創中高は初

2019年04月12日
 【西区】満開の桜と春の陽気に包まれた8日、地元西広島地区の中学校や高校で入学式があった。広島市西区の広島修道大学ひろしま協創中学校・高校(白岩博明校長)では、少し大きめの真新しいブレザーに袖を通した新入生が、笑顔で初登校の日を迎えた。
 同校の前身は、広島修道大学附属鈴峯女子中学校・高校。今年度から校名を改称し、共学になった。
 同校の新たな歴史を刻んだ新入生は、中学が53人、高校が272人の計325人。その内、男子は127人。白岩校長は式典で「主人公は自分自身。自己実現のため、多くのヒントやアドバイスできっかけを掴み、自分を育んでください」と、エールを送った。
 正門に立て掛けられた「入学式」の看板の前で、新入生と保護者が順に記念撮影をし、新たな門出を喜び合った。
 高等部に入学した男子生徒の一人は、同性の先輩がいない学校生活に期待と不安を抱きながらも「将来へ向けて大学進学を目指す」と、目標を話している。
 別の男子生徒は「ソフトテニス部に入って、部活を頑張りたい」と、新生活への期待に胸を膨らませていた。 
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


令和元年05月17日 第1549号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー