行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.26発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

出産前後は免除 国民年金保険で 4月から

2019年03月22日
 国民年金第1号被保険者が出産した場合に、出産前後の一定期間、国民年金保険料を免除する制度が4月から始まる。免除期間は、年金額を計算する際に保険料を納めた期間として扱われる。
 対象は、自営業者や農業・漁業従事者、フリーター、学生、無職の20歳以上60歳未満の人が加入する「国民年金第1号被保険者」で、出産日が2019年2月1日以降の人。出産とは、妊娠八十五日(四カ月)以上をいう(死産、流産、早産を含む)。
 免除期間は、出産予定日または出産日が属する月の前月から四カ月間。多胎妊娠の場合は六カ月間となる。平成31年度の保険料は、月額1万6410円。
 届出できる人は本人または代理人で、出産予定日の六カ月前から提出できる。届出用紙は年金事務所または国民年金担当窓口にある。
 住民登録をしている市区の国民年金担当窓口へ届け出る。受付は4月から。
 問合は、西区保険年金課TEL(082)532・0935、佐伯区保険年金課TEL(082)943・9713、廿日市市保険課TEL(0829)30・9159。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成31年04月26日 第1547号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー