宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (02.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

川柳に安全願い 48点表彰し展示 五日市中央学区で

2019年02月01日
入賞者に賞状を贈呈
 【佐伯区】広島市佐伯区五日市中央学区で実施している「あいさつ・声かけ運動」の一環で広く募集した「安全安心なまちづくり川柳・標語コンクール」の入賞作品が決まった。金・銀・銅各賞、佳作計48点を選りすぐり1月27日に五日市商工会館で表彰式があった。あいさつ・声かけ運動推進委員会、同学区町内会連合会、五日市中央公民館主催。
 コンクールは、2000(平成12)年から始まった。19回目の今年は幼児、小学生低学年、同高学年、中学生、一般の5部門に1987人から2013点の作品が集まり小中校長ら8人の審査員で各賞を決めた。
 式で子どもたちは、名前が呼ばれると、「はい」と元気良く立ち上がった。同連合会の鉄村忠基会長や同公民館の馬場浩館長らから賞状を受け取ると「ありがとう」と返した。緊張していた子どもたちは席に戻ると、カップや盾を手に表情が緩み誇らしげに見ていた。
 入賞作は、16日(土)まで五日市中央公民館ロビーに展示する。
 同委員会の石田邦夫委員長は「あいさつの大切さ、ありがとうという感謝の気持ちを持ってもらいたい。来年は節目の二十周年なので変わったことをしたい」と話している。
 入賞者と金賞の作品は次の通り(敬称略)。
 【一般の部】〈金賞〉中嶋こずえ「はじめての 町も笑顔で ふるさとに」〈銀賞〉鎌田健吾〈銅賞〉小笠原隆〈佳作〉鎌田聡子
 【中学生の部】 〈金賞〉星野紅杏「あいさつは 地域の安全 守る声」〈銀賞〉増田景允、宮原叶美〈銅賞〉梅本葵苺、田畠佑都、伊藤成美〈佳作〉坪田麻央、中川真梨子、橋本優梨、稲垣美優、村重悠奈
 【小学生高学年の部】〈金賞〉岡本悠「あぶないよ スマホじゃなくて 周り見て」〈銀賞〉肥田悠、可知宏治〈銅賞〉畑山絢哉、山田美里、木下達弥〈佳作〉橘髙りお、天野千絵、竹田彪剛、竹下結音、髙山佑也
 【小学生低学年の部】〈金賞〉中島嶺音「気をつけよう あせる心に しゃだんきを」〈銀賞〉松下美咲、鉄村瑠菜〈銅賞〉藤江歩、白澤航、飯守莉子〈佳作〉服部司、山本聡太郎、三上明紗、青木莉叶、青木莉夢
 【幼児の部】〈金賞〉東海林青凪「あいさつで みどりのおじさん おともだち」〈銀賞〉赤木楓太、槙野翔悟〈銅賞〉國弘悠、吉田琉星、稲岡輝〈佳作〉丹波智尋、上村泰史、山口詩桜、矢野詩音、上原諒晟
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成31年2月22日 第1538号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー