イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (03.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

金持稲荷大社で初日の出 1日参拝し新年を祈願

2019年01月01日
 【佐伯区】広島市佐伯区コイン通りにある金持稲荷大社(同区五日市4丁目)で1日(火)午前7時〜、初日の出参拝が初めて執り行われる。豊穣をもたらすといわれる太陽に感謝し、新年の祈願と決意を奉納する。全日本金持学会主催。
 同大社は稲荷社総本宮である京都府の伏見稲荷大社から分祀し2001(平成13)年に清水プラザビル屋上に建立した。五穀豊穣、子宝、家内安全などに加え、その名の通り金縁もあるといわれ年間8000人を超える参拝者がある。18(同30)年には、コンクリートに囲まれて殺風景だった社周辺に多彩な植物を植え緑化し参道を設けるなど修景した。
 当日は、同大社の清水辰徳宮司が新春祈願をする。7時半ごろ、ビルの合間から初日が顔を出す予定だ。絵馬や占いの紙の入ったフォーチュンクッキー、甘酒の振る舞い、御新米を用意している。初穂料2000円が必要。
 問合は、用品名酒センター☎(082)921・0027。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成31年3月22日 第1542号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー