宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (03.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

習字・標語で交通安全向上へ 佐伯区コンクール入賞者決定

2018年12月14日
習字・標語コンクールで最優秀賞を受賞した児童・生徒ら
 【佐伯区】小中学生や市民の交通安全意識のアップを図ろうと今年で32回目を迎える「佐伯区交通安全児童生徒習字・標語コンクール」(広島市佐伯区役所・佐伯署・佐伯交通安全協会主催)の最優秀賞表彰式が5日、同区役所であった。子どもたちが区内の事故防止を願い、五七五にしたため力強く揮毫した同賞18作品など展示している。
 作品は、今年7︱9月に区内在住の小中学生から募集。習字は学年ごとに「縦列駐車」「右側通行」などテーマを設けている。約8900人から作品が集まった。最優秀賞と金・銀・銅の優秀賞162点を決めた。
 式では審査員を務めた建部賢次区長、岡本祐二署長、同協会の中原照雄会長が受賞者に一人ずつ賞状と盾を手渡した。3人はどの作品も交通安全への思いが込められた出来映えに感心し、交通ルール・マナーを守り、楽しい学校生活、明るい正月を迎えるよう呼び掛けていた。
 最優秀賞は来年1月6日(日)まで五日市駅自由通路の区民ギャラリーに展示している。区役所1階ロビーでは12月28日(金)まで優秀賞も飾っている。
 最優秀賞は次の通り(敬称略、()内の数字は学年)。
 【佐伯区長賞】《標語の部》永岡日和(五日市小3)「ムリをして あせってはしって じこをよぶ」、江口果歩(彩が丘小6)「急ぐより はやい出発 防ぐ事故」、大石有美香(五日市中3)「自転車も りっぱな車 周りみて」《習字の部》庄野杏(五日市南小3)、竹林美保(五日市中央小6)、中野花音(三和中3)
 【佐伯警察署長賞】《標語の部》川口真鼓(五日市南小2)「ただいまと 言えるまい日 たからもの」、德田舞(石内北小5)「スマホには 負けずにしっかり 周り見て」、森中未侑(美鈴が丘中2)「スマホより みんなの命に 目を向けて」《習字の部》清水ありさ(五日市南小2)、菅田樹里(五日市小5)、大島実結(井口台中2)
 【佐伯交通安全協会会長賞】《標語の部》小村賢和(湯来南小1)「よくみてね おとしよりには こころがけ」、河村波音(なぎさ公園小4)「おたがいに お先にどうぞ ゆずり合い」、川内吏紗(五日市中1)「安全の ファインプレーを つなげよう」《習字の部》宮本遥(藤の木小1)、小池愛菜(五日市中央小4)、阪本遥望(五日市中1)
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成31年3月22日 第1542号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー