行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

宮島口のP&R 25日まで実施中 紅葉時期の渋滞解消へ

2018年11月16日
 【廿日市市大野】行楽シーズンの廿日市市宮島口周辺国道2号の渋滞緩和策として25日(日)までの土・日・祝日、パーク&ライド(P&R)が実施されている。ゆめタウン廿日市(同市下平良2丁目)の駐車場利用者に500円券を贈るなどの策を講じて、交通円滑化や7月豪雨の影響で減少した来島者の回復を図る取り組み。廿日市市や国、県などで構成する宮島口交通円滑化協議会が利用を呼び掛けている。
 P&Rは、車を駅やバス停などの周辺駐車場に駐車し、公共交通機関を利用して目的地まで行く取り組み。
 500円券の進呈はゆめタウン廿日市の駐車場利用者が対象。広島電鉄宮島口駅改札出口でスタンプを押したチラシを同店サービスカウンターで商品券と交換する。車1台につき1回に限る。チラシは同店や中国・山陽・米子各自動車道のパーキングエリアなど35カ所に配置している。
 ほかにも各実施日には、宮島口地域の有料駐車場の満空情報や付近の渋滞状況をインターネットに掲載。土・日・祝日の駐車料金が割引されるJA広島総合病院第3駐車場(同市地御前1丁目)と、18日―25日の土・日・祝日にちゅーピーパーク駐車場(同市大野)─宮島口間の無料送迎バス利用も呼び掛けている。
 同市宮島口みなとまちづくり推進課によると、今年7月・8月の合計来島者数は約61万人。7月豪雨災害の影響で、昨年同時期と比べ約21万人減少した。10月は昨年と同等数まで回復したため、11月も平年並みになると予想。昨年の紅葉時期に宮島口地域の国道2号が上下合わせ最大約6?渋滞したことから同課は「有益な滞在時間を過ごすためにも、P&Rを利用してほしい」と、周知している。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月7日 第1528号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー