宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.07発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

西広島の中心でカープ愛を叫ぶ Vol.1

2018年11月16日

1979年日本シリーズ第1戦の
チケット以外にも、観戦した
試合の半券を残している
河村 高司さん
62歳
廿日市市在住 

 「チケット持っとるのにね、行けんかったんよ」。1979(昭和54)年の日本シリーズ第1戦、大阪スタヂアムの入場券は半券が切り取られていないままアルバムにある。広島東洋カープが初優勝した歴史的シリーズの初戦。学生で関西地方に住んでいた河村さんは「何で行けんかったかは覚えとらん」と、当時を振り返って苦笑いする。一緒にアルバムに収まっている第6戦の半券は切られていた。
 小学1年生のとき、父に連れられ初めて広島市民球場で観戦した。それから五十年以上、カープはもとより、プロ野球一色の生活。「新井(貴浩)選手の「”家族”一丸で頑張りましょう」という言葉の通り。カープは家族のようなもの」と、目を細める。
 「地元出身の若手選手に1軍に上がってほしい」と抱く期待。楽しくワクワクさせてくれるカープに、愛情は尽きない。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年12月7日 第1528号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー