一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.09発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

己斐学区初
ハロウィーン仮装コンテストとパレード

2018年11月02日
 【西区】広島市西区己斐学区で10月27日、「己斐ハロウィーン仮装パレード」があった。幼児や児童ら100人余りが己斐公民館まつりで仮装コンテストに参加。商店街をパレードし、「トリック・オア・トリート!(お菓子をくれないといたずらしちゃうぞ)」と店先で菓子をねだって歩いた。同学区子ども会育成協議会(水津眞治会長)が初めて主催した。
 子ども会活動をはじめ地域住民の触れ合うきっかけにしようと考案、実施した。同公民館まつり実行委員会(山田春男委員長)と西広島商店連合会(田中宏会長)が協賛・協力した。
 広島修道大学の学生たちがボランティアで子どもたちのネイルやフェイスペイントを実施。ステージの司会やパレードの引率などにも協力した。
 思い思いのコスチュームと小物で魔女やカボチャ、吸血鬼などに扮した子どもたち。頬にハートや黒猫、唇の横に流れ落ちる血を描いたりしてもらった。
 コンテストには、グループや個人で次々に登場。決めポーズを披露した。一生懸命の子どもたちの様子に「かわいいね」「すごくきれい」など会場を訪れた人たちも喜んだ。
 パレードでは、商店街の5軒を回った。洋菓子店で菓子をもらい、文具店で文房具などをもらった。
 参加した中本千愛ちゃん(7)は、魔女のほうきがお気に入りの様子。「パレードでお菓子をたくさんもらってうれしかった」とニコニコ顔だった。
 水津会長は、思った以上の数の参加者に感謝していた。「来年も開催するので参加して」と来場者に呼び掛けていた。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月9日 第1524号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー