地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.09発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

目指せ2000事業所 会員増強運動を展開中 五日市商工会

2018年10月19日
 【佐伯区】広島市佐伯区の五日市商工会(藤田博之会長)が会員増強へ向けキャンペーンを展開している。31日(水)までに入会すれば、加入金を免除にする特典を用意。来年3月までに2000事業所の会員数を目指している。
 同商工会の会員数は、8月末現在で、約1940事業所。県内の商工会では最多で、全国的にも有数という。同商工会によると、全国的には少子高齢会や人口減少、大都市への一極集中化、大型商業施設の進出、オーバーストア、経営者の高齢化や後継者問題などもあり、全国的には商工会への加入は減少傾向で組織が弱体化している。だが、同商工会は2012(平成24)年の1700事業所から約15%増加している。「全国でも増加しているのは珍しい」と言う。
 2014(平成26)年6月の「小規模企業振興基本法」、「商工会及び商工会議所による小規模事業者の支援に関する法律」の一部改正に伴い、同商工会では会員への支援に重点を置いた。事業計画策定、販路開拓、ITの活用、事業継承、資金調達などのサポートメニューを充実させた。法を基に始まった店舗改装や広告宣伝費用など補助制度の活用は五年間で約200件。さらに政府系の低金利融資のあっせんは年間100件を超えるという。
 年会費を年度途中でも一年間分支払う必要があった。キャンペーンに先駆け今年4月からは新たに月割り制を導入し加入の敷居を低くしている。
 問合は、同商工会☎(082)923・4138。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月9日 第1524号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー