行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (11.09発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

国保税徴収漏れ 35世帯で59万円 廿日市市

2018年09月14日
 【廿日市市】廿日市市は、年金から国民健康保険税を天引きする特別徴収の8月分で徴収漏れがあったことを9月5日、発表した。対象は8月から特別徴収を開始した市内全35世帯で、合計59万5千円。市は対象者へ更正通知と謝罪文を送り、不足分を9月から普通徴収する。
 徴収漏れの原因は、課税課職員が対象世帯の抽出処理を誤ったためという。市が天引きを依頼している日本年金機構にデータが送られていなかった。9月3日に対象者から申し出があり発覚した。
 市は、徴収不足分を3期―8期(9月―2月)の6回に分割し、納税通知書を送るなどして徴収する。同課は「手違いによりご迷惑をお掛けし大変申し訳ない。作業手順の共有、複数人での確認などを徹底し、再発防止に努めたい」と話している。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年11月9日 第1524号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー