宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

あずまや建築へ
宮工生ら地鎮祭
宮浜温泉地区に

2018年08月31日
 【廿日市市大野】広島県立宮島工業高校(廿日市市物見西2丁目、流田靖校長)の生徒が、初めて同市宮浜温泉1丁目の宮浜温泉グラウンド・ゴルフ場内にあずまやを建築する。宮浜温泉地域管理組合(上野純一組合長)が同校に工事を依頼した。26日に執り行った地鎮祭には、同市の眞野勝弘市長をはじめ関係者ら14人が参列し、完成までの無事故を祈った。
 建設予定のあずまやは木造平屋建てで、建築面積6・62㎡、高さ2・67ⅿ。専門業者が建築デザインを作成済みだ。同校の近藤明弘教諭によると、建築業者による基礎工事が終わり次第、同校建築科3年生7人が骨組み工事に取り掛かる。屋根を業者と一緒に仕上げ、各種確認作業ののち年内に完成する予定だ。
 生徒の栗栖英心さんは「残るものを作りたかったし、就職を希望する方面の仕事と似ている」と、工事が楽しみな様子。地鎮祭に参加して「気合いが入った」と、ほかのメンバーと思いを分かち合った。
 近藤教諭は「子どもたちにとって良い勉強になる。どんどん提案して主体性を養ってほしい」と、成長を期待している。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年9月21日 第1517号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー