イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

廿日市商工会議所青年部の奮闘記~事故防止へ体制整え~ はつかいち花火大会9月15日  車両通行や砂浜進入禁止 来場者へルール遵守喚起

2018年08月24日

はつかいち花火大会実行委員会警備係
澁谷彰範さん
 9月15日(土)の「はつかいち花火大会」を多くの市民が楽しめるよう同大会実行委員会の廿日市商工会議所青年部は、大会当日の交通整備・警備に力を入れている。有料観覧席を設ける会場の廿日市浄化センター(同市串戸1丁目)の来場者数を最低でも1万人と見込み、近隣一部の車両通行止めや護岸・砂浜などへの立ち入りを禁止するなど、事故防止策を講じている。
 大会当日は、ゆめタウン廿日市南側の木材港南2番交差点から南側が車両進入禁止になる。実行委員会は7月豪雨災害の影響で地元の花火大会が軒並み中止していることから、観賞者の集中を予想。事故予防のため、会場近くの砂浜や護岸を立ち入り禁止区域に設定し、侵入者がいた際は、花火の打ち上げを一時中断することも考えている。さらに海上に関しては一般のプレジャーボートの遊覧を禁じ、打ち上げ場から半径500m以内を危険区域に定め、監視船を配置。警備船による巡回も実施する。
 同青年部は当日の誘導や警備に向け、海上保安庁や警察のほか、地元漁業組合や消防団、ボランティアなどに協力を要請。約200人体制で大会に備える。実行委員会警備係を務める澁谷彰範さん(35)は「海辺や道路は命に関わる事故の危険がある。立ち入り禁止区域に入ったり、事故が起きたりすると大会を中止せざるを得ない。皆様に安心して観覧していただくため、ルール遵守をお願いしたい」と呼び掛けている。
 会場に駐車場はないため、公共交通機関の来場を。増便に関しては関係機関と調整していると言う。決まり次第、大会ホームページ(http://hatsuka
ichi-hanabi.com)で喚起するそうだ。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年9月21日 第1517号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー