イベント

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (08.10発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

宮島花火大会が中止に JR臨時便確保難しく 豪雨災害の影響

2018年08月03日
 【廿日市市宮島】25日(土)に廿日市市宮島町沖で打ち上げが予定されていた「第46回宮島水中花火大会」の中止が決まった。同大会実行委員会が「平成30年7月豪雨災害」の影響でJR山陽線の臨時ダイヤ確保が困難になったため決断。順延予定日9月1日までの復旧が見込めないため、延期もしない。
 同大会は例年約30万人が島内外で観賞。大会当日午後8時以降の同線利用者は約1万4千人に上り、上下線合わせ20本以上の臨時ダイヤで対応していた。
 今年は臨時便数がゼロになる可能性が高く、猛暑による熱中症被害防止などにも配慮し開催を取りやめた。同実行委員会が取り扱う花火観覧席のチケットは払い戻しする。
 同大会中止は1973(昭和48)年に第1回大会を開催して以来初めて。同実行委員会は「苦渋の決断ではあるが、来場者の安全を最優先しての判断」と中止を広く呼び掛けている。
 問合は、同実行委員会(宮島観光協会内)TEL(0829)44・2011。
イベントニュース

西広島タイムス電子版


平成30年8月10日 第1512号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー