行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.12発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

宮島口で17日からフェリー乗り場が変更JR・松大とも新桟橋 

2018年07月13日
 【廿日市市大野】世界文化遺産の島・宮島への出発点、廿日市市宮島口の宮島行きフェリー乗り場の場所が、17日(火)始発便から変わる。広島県が宮島口湾岸整備を進めており、新旅客ターミナルが完成する2019年度末までの予定という。運行時間に変更はない。 
 フェリーは、JR西日本宮島フェリー㈱と宮島松大汽船㈱がそれぞれ運航している。
 県は、現在使用している浮桟橋の西側にJR用1基、東側に松大汽船用2基の浮桟橋を新設。JRは乗客用(車両含む)、松大汽船は乗客用(同)と車両用で使う。
 乗船券売り場は現状のまま。17日からは売り場とフェリー乗り場の距離が現在よりも長くなる。時間に余裕を持った行動が望ましいだろう。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月12日 第1520号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー