宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (09.21発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

大竹市の晴海臨海公園に大型遊具 長短9つのすべり台、幼児用も

2018年07月06日
 赤、白、黄、青、オレンジで明るく装飾されたロボットモチーフの大型遊具に、子どもたちの笑顔がはじける─。大竹市晴海2丁目の晴海臨海公園の広場に4月末、幅48?、高さ14?の遊具が登場した。のぼり棒、橋、トンネルなどのほか、長短9つの滑り台が付いている。
 大型遊具の周りには幼い子が遊ぶことのできるミニ滑り台や、ストレッチなどができる大人向けの健康遊具、ベンチがある。
 大型遊具中央には、同市にあるコンビナートの工場をイメージしたキャラクター・ロボボの顔。遊ぶ子どもや憩う家族を見守る。
 遊具広場利用時間は、午前9時~午後7時。無料駐車場は約300台分ある。現在は仮設トイレがあるが、市は今後公衆トイレの整備を検討している。
 同市都市計画課・増冨友機課長補佐は、「休日は駐車場の3分の2が埋まるぐらいにぎわっている。ルール、マナーを守って楽しく遊んでほしい」と、来園を呼び掛けている。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年9月21日 第1517号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー