地元経済・ビジネス

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (07.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

キラキラ輝くレディース IBAインターナショナル・バレエ・アカデミー 主宰田丸美佳さん

2018年06月22日
所在地…廿日市市大野中央2丁目4‐8
☎(0829)54・0642
開校…1998年

「学んだこと伝えたい」 

 「地元広島で、世界に通用する子どもたちを育てたい」。高校生のとき抱いた夢が、今も続いている。1998年、廿日市市大野にバレエスクールを開校した。3~4人の生徒から始まった教室は、現在4~40歳代まで約50人が在籍する。卒業生の中には、世界に羽ばたいたダンサーもいる。
 バレエと歩む人生のスタートは3歳からだった。母に連れられて教室の扉を開けたが、当初は厳しい環境に戸惑った。
 高校時代には楽しいと感じるようになったが、「自信を持ってバレエをしているといえなかった」と、自分の踊りに納得できずにいた。
 2年生のとき、イギリスに一年間、語学留学をした。技術レベル向上のため教師養成学校のある国で触れたバレエが「基本的なことからきちんと学んで日本で伝えていきたい」と、心を指導者の道へと突き動かした。日本に戻り短大を出たあと「必ず卒業して帰る」と、強い覚悟を持って再びイギリスへ飛び、「RAD(ロイヤル・アカデミー・オブ・ダンス」の門をたたいた。
 英語中心のやり取りの中、新しい知識をすべて覚えることは大変だった。三年後、無事卒業し帰国。教室を開いた。
 二十年間、たくさんの子どもに学んだことを伝えてきた。落ち込むこともあったが、日々やりがいを感じているという。「美しさだけでなく内面からたくさんのものを鍛え上げてくれる芸術」と誇るバレエに、ただただ愛情を注ぐ。
 8月11日(土)午後1時~、はつかいち文化ホールさくらぴあで開く二十周年記念公演へ向け、心を込めてレッスンに励んでいる。
ビジネスニュース

西広島タイムス電子版


平成30年7月20日 第1509号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー