宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

学生消防団員に 功労称し認証状 廿日市市が制度後初めて

2018年05月25日

「学んだことを広めたい」と、引き締まった表情の学生たち
 【廿日市市】廿日市市が学生消防団員として活躍する山陽女子短期大学と日本赤十字広島看護大学の学生19人に「廿日市市学生消防団活動認証状」を18日、交付した。同認証制度を昨年1月に導入し初めての交付。同短大(同市佐方本町)であった交付式で、同市消防団の伊藤博団長が13人に認証状を手渡し功労をたたえた。
 認証制度は、市内の学生や卒業後三年未満の人を対象に、消防団入団促進などを図るため創設。一年以上の活動実績を認めた学生団員に認証状を贈り、就職活動に役立ててもらう。
 認証状を受けた学生たちは、各地域の防災訓練などに参加し、AEDの使い方や心肺蘇生などを市民に指導。消防団への勧誘活動などにも尽力してきた。式典で伊藤団長が「皆さんは制度が始まり認証者第1号。大学で勉学に励みながらも地域・消防隊員として社会貢献した。実績に自信を持ち就職活動で自己PRしてもらいたい」とエールを贈った。
 学生の中で参加回数が最多11回の花田三穂さん(山陽女子短期大学3年)は「地域の訓練に参加し少しでも貢献できたことをうれしく思う。今後は、学んだことを就職先や周囲に広めていきたい」と話す。
 現在、市内消防団員数は648人。そのうち学生団員は35人。市は随時、団員を募集している。入団資格などの詳細は問い合わせて確認を。
 問合は、同市消防本部総務課TEL(0829)30・9231。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年6月22日 第1505号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー