募集

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

不用の衣料持ち寄って
6月2日 アルパークで
海外の難民などに寄贈

2018年05月25日
 【西区】アルパーク(広島市西区草津新町2丁目)は6月2日(土)午前10時~午後4時、同館東棟2階アルパーク通りで「第19回 &アース衣料支援プロジェクト~あなたの服で世界に笑顔を~」を実施する。家庭で使っていない衣料品を当日会場に持ち寄ってくれるように広く呼び掛けている。同プロジェクト主催のNPO法人日本救援衣料センターを通じて、南米・アジア・アフリカ諸国の難民・避難民・被災地の人たちに、集めた衣料品を送る。
 衣料は、開催時間中に会場でのみ受け付ける。郵送は不可。
 持ってきてほしい物は、新品に限るのが以下の通り。下着・タオル・くつした・タオルケット・パジャマ・タイツ・ストッキング・シーツ。新品あるいは洗濯済みでシミや傷みのない品は次の通り。毛布・ジーンズ類・セーター・ブラウス・ズボン・カーディガン・Tシャツ・ジャンパー・ポロシャツ・コート・トレーナー・シャツ(Yシャツを含む)。子ども服は、80センチ以上が対象だ。
 次に挙げる衣類ほかは取り扱わないので、持ち込まないこと。スーツ・ジャケット・スカート・ワンピース・和服・ベビー服・布団・小物類(ネクタイ・ベルト・帽子・手袋・マフラー)、衣類以外のもの(くつ・かばん・文具・雑貨など)。
 受付後の衣料返品などはしないのできちんと確認しておくことが大切だ。
 寄贈先の各国・地域の現地では、生命を守るための必需品としての衣料を求めている。
 会場では、海外輸送費のための募金も受け付ける。
 アルパークを含む三井不動産グループが全国の商業施設で同プロジェクトの取り組みを続けている。不用衣料再利用による環境への負荷軽減も見込んでいる。
 問合は、アルパークTEL(082)501・1000。
募集ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年6月22日 第1505号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー