行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

平成30年度廿日市市人事異動

2018年03月30日
 【廿日市市】廿日市市は23日、定期人事異動を発表した。異動人数は行政職・保育園・消防職を合わせ1030人で異動率30・2%。昨年度に比べ2・8%減少した。
 異動に合わせ、自治振興部に新たに「中山間地域振興担当部長」を配置。各部局が取り組む中山間地域振興の施策を総合調整する。そのほか第6次総合計画実現に向け5部局で組織改編する。
 新都市機能都市開発事業の推進に向け、分権政策部の都市活力企画室を「都市活力推進室」に改編。事業計画立案に関する技術的支援や調整を担う「調整グループ」と、土地区画整理組合の設立支援や企業を誘致する「推進グループ」を設ける。
 保育の充実を目的とした環境整備にも力を入れる。保育園再編など担当していた福祉保健部子ども課の「企画・給付グループ」を、子ども・子育て支援事業計画策定などを担う「企画推進グループ」と、児童手当などの給付事務や現行の「保育グループ」が受け持つ児童会・児童館の事務など担う「児童グループ」に再編する。保育園の運営・指導監督は引き続き「保育グループ」が実施する。
 スポーツ面では、2020年東京オリンピック・パラリンピック参加国との交流推進に向けて、教育部生涯学習課に「スポーツ振興グループ」を新設する。現在の「青少年・地域連携グループ」に代わり、青少年育成や学校と地域の連携支援、文化振興に関する事務などを担う「生涯学習推進グループ」の設置などする。
 ほかにも、福祉保健部高齢介護課の「認定・指導グループ」新設や水道局の佐伯水道室と工務課の統合などする。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年4月20日 第1497号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー