行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (04.20発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

わいせつ事件の解決へ 貢献した勝部さんに感謝 佐伯署

2018年03月23日
「子どもたちの安全安心に力を入れる」と、賞状を受け取る勝部さん(右)
 【佐伯区】広島市佐伯区防犯連合会(鉄村忠基会長)と佐伯署(吉岡君三郎署長)は15日、公然わいせつ事件の解決に貢献した会社員・勝部晶博さん(同区石内南、47)に感謝状を贈った。同署であった贈呈式で子どもたちの安全を守った地域安全推進員でもある勝部さんに吉岡署長が賞状を手渡した。
 同署によると、事件は3月1日午後6時半ごろ起きた。勝部さんは息子を送迎中に、不審車を発見。今年2月から地域で流れていた不審車情報と同じ車であると気付き「交通の支障もきたし声掛けしようと思った」。車内では男がルームライトを付け下半身を露出するなどしていたため、運転席の窓のすき間から車のキーを抜き、110番通報し警察に男を引き渡した。
 一昨年4月から石内小学校PTA会長を務め、今年4月からは地域安全推進員の委嘱を受けている勝部さん。「怖さよりも子どもたちを守らなければいけないという意識があった。子どもたちのため被害が広がらなくて良かった。今後も子どもたちの安全安心の活動に力を入れていきたい」と話している。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年4月20日 第1497号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー