行政・くらし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (06.22発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

踏切進入を制止 弘川さんを表彰 廿日市署

2018年02月16日

小西署長(左)から感謝状を受け取る弘川さん
 【廿日市市】廿日市署(小西明署長)は、踏切で歩行者と列車の衝突事故を防ぎ人命救助に貢献した市内在住の会社員・弘川幸嗣さん(46)を8日、同署で表彰した。小西署長が功労をたたえ、感謝状を手渡した。
 同署によると1月19日午前11時15分ごろ、同市平良1丁目の見通しの良いJR線の踏切で起きた。上り線側遮断機前に1人で手押し車に腰を掛けていた80歳代後半女性が右手側からの貨物列車接近中に下りていた遮断機棒をくぐり入ろうとした。遮断機手前で停車していた弘川さんが不審な行動に気付きとっさに車から飛び出し女性を抱え列車の通過直前で進入を制止した。
 弘川さんは「気付いた時には列車が見え、声を掛ける暇もなかった。引き止めた直後に車両がかすめるように通り、一瞬でもためらえば巻き添えになっていた。助かって良かった」と胸をなで下ろした。
 小西署長は「事故になれば、助かることはまずなかった。勇気ある行動に感謝する」と称賛した。
くらしニュース

西広島タイムス電子版


平成30年6月22日 第1505号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー