宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (10.12発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

もみじ饅頭総選挙~思い出・エピソード&レシピ・食べ方紹介(3)

2018年01月19日
◆「去年、就職活動で東京に行く機会が多く、その度に友人の家に泊まらせて頂いてました。毎度お土産として購入していましたので、もみじ饅頭を食べると、友人と一緒に未来について語り合った記憶が蘇ります」(廿日市市・たっち23)。もみじ饅頭…未来ずっと残ってほしい銘菓です。
◆「子どもの頃、年末年始に皆が集まってするトランプやマージャンの景品がもみじ饅頭で、燃えた」(廿日市市・ロックピレッジ45)。「家族であんが何か分からないもみじ饅頭を?何が出るかなぁ??とジャンケンなどをして食べると盛り上がります」(廿日市市・あんあんあん子53)。楽しいだんらんに。
◆「会社に行きたくない朝、駅でお気に入りを2つ、3つ購入します。会社の机に置いて気合いを入れています。ハードな一日になりそうという時にも、同僚の差し入れに購入します」(西区・リラックマ32)。「コーヒーを沸かし、一日忙しく動いた後のこしあんのもみじ饅頭は、この世の物とは思えないくらいおいしいですね。最高デス」(佐伯区・みゆのおおまちゃま78)。「宮島口で奥さんの迎えの時に、自分へのご褒美に買う」(佐伯区・のりひと40)。気合いを入れたり、ご褒美になったり。
〈レシピ・食べ方〉
◆「早朝、温かい味噌汁と食べています。意外とうまいです」(廿日市市・dai232)。
◆「トースターで少し表面をカリッとさせ、あったかいうちにバニラアイスをのせて食べるのが一番のお気に入りです。寒い冬の日、コタツに入って食べると幸せです!」(佐伯区・とうふ32)。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成30年10月12日 第1520号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー