一面

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.08発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

宮島来島者数最多記録を更新

2017年12月08日

過去最速で大台突破
 11月4百万人突破は過去最速

 【廿日市市宮島】廿日市市の島・宮島の平成29年の来島者数が3日、昨年平成28年の最多記録427万6138人を上回った。当日、一般社団法人宮島観光協会が同島フェリー乗り場前で記念セレモニーを開催。記録更新者に花束や記念品を手渡し、盛大に祝った。
 今年は、11月15日に過去最速で400万人を突破した。同観光協会によると、バラク・オバマ前大統領の広島訪問や嚴島神社の世界遺産登録二十周年記念行事などで国内外に宮島がPRされた昨年の勢いが、今年に引き続いていると推測している。広島市佐伯区の五日市埠頭へ寄港する客船の外国人観光客の来島も要因の1つと考えている。
 セレモニーでは、記録更新者の南本一哉さん(広島市西区、45)一家に記念杓子や宮島水族館のマスコット・スナメリのぬいぐるみなどを贈呈。眞野勝弘市長と同協会の中村靖富満会長が来島を歓迎し、新記録達成の喜びを伝えた。
 南本さん家族は毎年紅葉や弥山登山などで何度も来島しているという。当日は大野カキを食べた帰りに、嚴島神社の大鳥居ふもとを歩こうと立ち寄ったそうだ。「突然のことで驚いたが記念すべき場に立てたことをとても光栄に思う」と家族で喜んでいた。
 中村会長は「アジア圏の観光客増加に伴い、看板や標識、サービスの改善が必要になってくる。来島者が安心して楽しめるようトイレなどのインフラ整備なども先行して取り組んでいきたい。一方で日本のオフシーズン2月・6月・7月は国内の来島者が少ない。外国人観光客の掘り起こしも必要」と課題を上げる。「今年は450万人余りになるのでは」と期待していた。
一面ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月8日 第1480号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー