宮島街道にしひがし

西広島の今を伝えます
  • 最新号
    (12.08発行)
  • 一面
  • くらし
  • 宮島街道
  • ビジネス
  • スポーツ
  • 医療
  • イベント
  • 募集

人inにしひろしま028

2017年12月08日
神田 あきさん

バレエと一緒に… 「遠いところ」まで
 廿日市西高校を卒業してすぐ、推薦を受け本場ドイツでも権威あるバレエ団に入団しました。幼い時から母のバレエ教室で練習を積み重ねてつかんだチャンスでした。活動拠点をヨーロッパに定め、プロとして公演活動を続けました。今は、ドイツで子どもたちにバレエを教えています。
 ヨーロッパへ送り出してくれた時の母の年齢に私がなり、私の息子リノと娘のマレーンがあの日の私と同じ年頃になりました。リノは、ドイツから宮島口の駅まで一人で帰って来ます。廿日市の病院を訪れ、ピアノを弾いて拍手をいただくと聞きます。
 37年前。広島市から大野東小に転校。「二年竹組」。クラスが「松竹梅」に分かれてた。スカートをはいて大野の雪道を通った…。
 あの頃から、一つのことに打ち込んで来ました。ヨーロッパという「場所」だけでなく、バレエに連れて行ってもらったような気がしています…「遠いところ」まで。37年は決して短い時間ではないけれど、「松竹梅」に驚いて霜焼けに泣いたあの日々が、もっとずっと昔の話だったような気がするのは、だからでしょうか。
  ◇
プロフィール
欧州の一流バレエ団で現役時代を過ごした。毎年3回は帰国。母・神田恭子さんが主宰するバレエ教室で指導する。「アキさんが帰って来る!!」…子どもたちがいつも楽しみに待っている。
宮島街道ニュース

西広島タイムス電子版


平成29年12月8日 第1480号

パソコン・スマホで読めます!

西広島タイムスを
新聞をめくるように
読んでいただけます。

広告もご覧いただけます。

バックナンバー